子どもにみられる病気

子どもにみられる病気について

中耳炎から難治性疾患まで対応

 子どもは、単に大人を小さくした存在ではありません。生まれてから、だいたい体重が25kgくらいになるまでの小児期は、成人と比較すると、体の機能にかなりの差異があります。
 構造的には、子どもの耳・鼻・喉の管は短かったり、耳管の傾斜がほぼ水平だったりするため、大人以上にそれら同士の相互関係が深いのが特徴です。ですから、鼻水が出るから鼻だけを診ればいいかと言うとそうではなく、耳・鼻・のど全体を診察し、その上でしかるべき処置をすることが大切になります。
 当院では、子どもによく見られる中耳炎から難治性疾患に至るまで、さまざまな耳鼻咽喉科領域に対応いたしますので、何でもご相談ください。

こんな症状に気づいたら、ご相談ください

  • 耳の聞こえが悪い
  • 最近テレビの音量が大きい
  • よく聞き返す
  • 耳を痛がる
  • 耳をよくさわる
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりが続く
  • 鼻声になっている
  • よく鼻血を出す
  • のどを痛がる
  • 咳、痰が続く
  • 扁桃腺が大きい など

子どもに多い耳鼻咽喉科の疾患

急性中耳炎

 最も一般的な中耳炎で、中耳(耳の鼓膜から奥の部分)に細菌やウイルスが入り込み、急性の炎症が生じて膿が溜まります。中耳には鼻の奥に通じている耳管(じかん)が開いており、細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入ると、中耳の粘膜に炎症を引き起こすことがあります。ですから、中耳炎は風邪をひいた時などに、鼻やのどの炎症に続いて発症することが多いのです。
 症状としては、ズキズキする激しい痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、などがあります。乳児では痛みを訴えられないために、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりに耳に手をやったりします。診断にあたっては、耳鼻咽喉科医が鼓膜を見て、鼓膜が赤かったり、腫れていたりすることを確認します。また、鼓膜の奥の中耳に膿が溜まって、鼓膜が膨れているのが観察できることもあります。軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの服用や、炎症をやわらげる薬液を耳にたらすことで治療します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強い時や、熱が高い時は鼓膜を少しだけ切開して、溜まっている膿を排出すると、早く治ります。

滲出性中耳炎

 子どもの場合、鼻と中耳をつなぐ耳管が太くて短い、アデノイド肥大などが原因となり、中耳に慢性的に液体が溜まる滲出性中耳炎がおこっていることがあります。また口蓋裂などの先天性疾患との関連も見られます。
 症状としては、痛みなどはありませんが、難聴があり聞き返しが多くなったりします。急性中耳炎と比べて激しい症状がないので、なかなか発見されないことがあります。
 滲出性中耳炎を放置すると、ことばの発達が遅くなったり、中耳につながる乳突蜂巣の発達が悪くなり、将来的に慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎の原因となる事もあります。
 治療としては、内服治療のほか、原因となっているアデノイドや副鼻腔炎の治療、鼓膜チューブ留置術を行う場合もあります。

扁桃炎

 扁桃炎とは口蓋垂(のどちんこ)の左右に一個ずつある口蓋扁桃に、ウイルスや細菌による急性の炎症が起こる病気です。
 健康な人でも、扁桃にはもともと、いろいろな細菌が潜んでいます。風邪ウイルスの感染や疲労がきっかけとなり、いつもはおとなしい細菌が悪さをして急性扁桃炎を発症します。風邪のような症状(高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛)と強い咽頭痛が現れます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。これが扁桃炎の特徴的な症状と言えます。

副鼻腔炎(蓄膿症)

 鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きる病気です。風邪の症状が出てから1週間ほどしてから、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、この疾患は発症します。膿のような鼻汁が出ることがあります。頬や目の奥の痛み、頭痛、頭重感、発熱などを伴うことがあります。症状が進むと、極めて稀ながら、目や脳まで侵されることがあります。これが急性副鼻腔炎という疾患の一般的な流れです(真菌やアレルギー性鼻炎、虫歯などが原因になることもあり、原因に応じて治療方針は変わってきます)。
 この急性副鼻腔炎が、治らずに慢性化した病状を慢性副鼻腔炎と言います。がんこな鼻づまり(鼻閉)をきたし、一般にはよく「蓄膿症」と称されます。

アレルギー性鼻炎

 アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。
 アレルギー性鼻炎の症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。
 アレルギー性鼻炎(通年性)の原因は家の埃やダニの糞・死骸などです。ペットのフケやカビも原因となります(血液検査によって抗体を測定することで、何に対するアレルギーかを知ることができるケースがあります)。
 アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど、アレルギーの元にできるだけさらされないようにすることです。こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の飲み薬や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

花粉症

 花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、立て続けのくしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒み、目の充血、涙などの症状を引き起こします。
 スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギほか、多くの種類があります。
 治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)、および内服薬や鼻スプレーなどの薬物療法、また最近では抗原物質を体に投与しアレルギー症状を軽減させる舌下免疫療法も行われています。

RSウイルス感染症

 冬から春にかけて流行する乳幼児の呼吸器における代表的なウイルス性の感染症です。
 鼻水、咳、発熱などの症状で発症し多くの場合1~2週間で治ります。しかし生後1年以内の乳児では重症化する場合もあり注意が必要です。また中耳炎を合併することもあります。

検査  RSウイルスの検査キットを用いて同定します。従来は入院した場合に行う検査でしたが、現在は1歳未満の乳児に限り外来で検査を行う事が出来るようになっております。
治療  RSウイルス感染症に決定的な治療方法はなく、症状に対する対症療法を行います。重篤な場合では入院が必要となることもあります。
咽頭結膜炎

 咽頭結膜熱は、アデノウイルスというウイルスによって引き起こされる感染症で、プールの水を介して感染することもあることからプール熱とも呼ばれています。特に幼児から学童にかけての子供がかかりやすい感染症です。
 咽頭炎(のどの痛み)、結膜炎(目の充血)、発熱が主な症状としてあらわれるため、咽頭結膜熱と呼ばれています。
 6月頃から始まり7~8月頃にピークに10月頃まで流行する、夏の代表的なウイルス性の感染症です。

検査  症状から咽頭結膜炎が疑われる場合、アデノウイルスの検査キットを用いて確定診断を行います。
治療  咽頭結膜炎に対する根治的な治療方法はありません。咽頭痛や発熱などの症状に対する対症療法を行います。二次感染の予防に抗生剤を使う場合もあります。
溶連菌感染症

 A群溶連菌という細菌による感染症です。発熱や咽頭痛などの口の中の扁桃を中心とした急性感染がメインとなりますが、舌炎や発疹などの症状が出現する場合もあります。急性症状の寛解後に約1%程度で、免疫反応を原因とするリウマチ熱、 腎炎、アレルギー性紫斑病などの全身合併症を起こす場合があります。そのため溶連菌の除菌に関しては注意が必要となります。

検査  症状などから溶連菌感染が疑われる場合には、溶連菌の検査キットを用いて診断を行います。
治療  溶連菌感染に有効なペニシリン系抗生物質などの服用を行います。5~10日間程度、やや長めに抗生物質の服用を続け、扁桃に溶連菌が残存しないように除菌を行い、免疫反応による全身合併症の予防行います。
手足口病・ヘルパンギーナ

 手足口病は夏季に流行する感染症で、4-6日間の潜伏期間の後に発熱や咳、鼻汁などの感冒症状に合わせて、典型的には手のひら、足の裏を中心に赤みのある小さな水疱がみられるようになります。
また口の中の粘膜や舌にも口内炎のような潰瘍が認められることもあり、痛がることもあります。低年齢であるほど手、足、口の発疹が出そろいやすいとされています。
 ヘルパンギーナでも咳や鼻汁などの感冒症状と急な高熱が認められますが、のどに水疱や潰瘍ができて痛みが強いのが特徴です。やはり食事や水分が取れなくなってしまうこともあります。
 夏季に流行するエンテロウイルス属による感染症の総称を夏かぜと呼びますが、手足口病とヘルパンギーナもその代表的な疾患です。いずれも特効薬がないため、対症療法が治療の主体となります。

ヘルペス性歯肉口内炎

 単純ヘルペスウイルスが初めて感染した時に発生しやすく6か月から6歳の乳幼児によくみられます。発熱、不機嫌で発症し、口唇、歯肉(歯ぐき)、舌などに水疱、赤み、潰瘍が出現します。
 口の中の痛みの ため食事、水分摂取が困難になったり、唾液が増えることもあります。治療は抗ウイルス薬や対症療法によって症状を緩和します。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

 ムンプスウイルスによる感染症で4~6歳に多くみられます。潜伏期間は16~18日間です。発熱に伴い耳下腺という両耳の下にある唾液腺が腫れるため、食事の時に痛みが強く、食べられなくなってしまうこともあります。
 耳下腺が両側とも腫れることが多いのですが片側だけの場合や、あごの下の顎下腺だけが腫れることもあり、そのパターンは様々です。また、2歳未満では症状が現れないこと(不顕性感染)も多いとされています。
 おたふくかぜの場合も特効薬はありませんので治療の中心は症状に合わせた対症療法です。我が国ではおたふくかぜの予防接種は定期接種の対象外(任意接種)となっていますが、おたふくかぜを発症した患者さんの約1,000人に1人は合併症として難聴を発症し、その場合は聴力の回復は困難であることから、予防接種を受けておくことがとても大切です。

インフルエンザ

 主に気温の低い12月~4月に流行しますがウイルスの構造が1年ごとに変化するため、毎年のように繰り返し罹患することもあります。
 24~48時間の潜伏期間後に突然の高熱で発症し、咳や鼻水などの感冒症状だけでなく倦怠感、筋肉痛、関節痛などの強い全身症状がみられることが特徴です。
 また発症から3~5日後に中耳炎を併発することが少なくありません。無治療の場合には高熱が5日間程度続くこともあります。感染力が強いため、学校や家庭で蔓延することが多く、早めに対処することが大切です。
解熱した後もウイルスを排泄することがあるため学校保健法により一定期間は登園や登校が禁止されます。

検査  検査キットを用いて速やかに診断することが出来ます。
発熱してからの時間が短すぎるとウイルスの量が少なく陰性と判断されてしまうことがありますので発熱後12時間以上経過して検査を行うとより確実です。
治療  年齢や病状によって飲み薬、吸入薬、点滴薬の3種類から選択されます。診断から治療開始まで早い方がより効果が高く、48時間を超えると治療効果を期待できません。
クループ

 男の子に多く、2歳ころに最も多くみられる疾患です。繰り返すことも少なくありません。ウイルス感染に伴う発熱や咳などの感冒症状から始まり、声門の付近に炎症が及んでむくむことで声のかすれや、犬やオットセイの鳴き声のような咳(犬吠様咳嗽:けんばいようがいそう)が特徴的です。
 夜間に悪化しやすく2-3日間症状が続いて徐々に消失します。症状が強い場合には一般的な感冒症状に対する対症療法に加えてエピネフリンの吸入やステロイド薬の内服治療を行うこともあります。

医院概要

茅ヶ崎耳鼻咽喉科クリニック
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

〒253-0085 
神奈川県茅ヶ崎市矢畑725-1

TEL.0467-59-4133

駐車場 : 当院8台 第二駐車場9台
アクセス: 茅ヶ崎駅北口 神奈中バス
茅25茅26 矢畑バス停
茅45茅48茅52茅53茅54
肥地力バス停
  日祝
10:00~
13:00
15:00~
19:00
土曜日・・・9:00~13:00
[休診日] 水曜(手術日の為)日・祝