耳の病気

耳の病気について

 耳は音を聴くという機能を担っているほか、体のバランスをとる半規管と連結している大切な感覚器官です。耳が痛む、耳が聞こえにくい、耳鳴り、めまい、耳だれ、耳あかなどの症状が現れましたら、早めにご相談ください。ここでは、代表的な耳の疾患についてご説明いたします。

中耳炎

 中耳炎には主に急性中耳炎、滲出性(しんしゅつせい)中耳炎、および慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎などがあります。

急性中耳炎

 最も一般的な中耳炎で、中耳(耳の鼓膜から奥の部分)に細菌やウイルスが入り込み、急性の炎症が生じて膿が溜まります。

症状  ズキズキする激しい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、などがあります。乳児などでは痛みを訴えられないために、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりと耳に手をやったりします。
検査  耳鼓膜を見て、鼓膜が赤かったり、腫れていたりすることを確認します。また鼓膜が、その奥の中耳に膿が溜まって、膨れているのが観察できることもあります。
治療  軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの服用で治療します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強い時や、熱が高い時は鼓膜を少しだけ切開して、溜まっている膿を排出する方法もあります。
滲出性中耳炎

 鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間部位)に滲出液(しんしゅつえき)という液体が溜まる病気です。

症状  難聴が唯一の症状であることも少なくなく、難聴の程度も軽い場合が多いので、特に小児では気づくのが遅くなってしまうこともしばしばです。
検査  鼓膜を観察すると滲出液が溜まっているのが確認できます。治療方針の決定のためには、聴力検査、ティンパノメトリー(鼓膜の動きやすさを調べる検査)、耳管機能検査、鼻のレントゲン検査、内視鏡検査などが必要です。
治療  中耳に溜まっている滲出液を無くして聞こえを良くする治療と、耳に悪い影響を与えている鼻やのどの病気に対する治療を並行して行います。大人の滲出性中耳炎ではまれに鼻の奥にガンがある事もあります。
慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎

 慢性中耳炎は小児期からの反復した急性中耳炎が治らずに、鼓膜に穴が開いたままになったものです。
 真珠腫性中耳炎は真珠腫が周囲の骨を壊しながら進行するもので進行した場合には重篤な症状をおこします。

症状  難聴・めまい・耳だれ(耳漏)を繰り返します。真珠腫性中耳炎では、三半規管を壊して重篤なめまいを招いたり、顔面神経麻痺を起こしたり、最悪の場合には髄膜炎(脳および脊髄を覆う保護膜に炎症が生じた状態)になってしまうこともあります。
検査  鼓膜の状態の視診、聴力検査、耳のCT検査などで診断します。
治療  基本的に手術が必要となります。
 慢性中耳炎に対しては鼓膜の穴を塞いだり音を伝える耳小骨の再建を行う手術を行います。真珠腫性中耳炎には、真珠腫を摘出し、耳小骨の再建を行う手術を行います。

外耳炎

 外耳炎とは、耳介(外側に出ている耳)と鼓膜までの外耳道を合わせた外耳(耳と耳の穴)に、炎症が生じる病気のことです。

症状  外耳炎の症状には、強い耳の痛みと痒みが挙げられます。症状が進行すると耳だれが出るようになります。
検査  外耳道を観察する事で診断がつきますが、外耳炎と中耳炎を見分けるためには特殊なカメラを使うこともあります。原因が細菌なのか、真菌なのかで治療法が変わってきたりしますので、耳だれの細菌培養検査を行う場合もあります。
治療  外耳道の処置を行ったあと、局所への点耳薬投与、軟膏塗布などを行います。痛みが激しい場合は、鎮痛剤を投与することもあります。

感音性難聴

 感音性難聴とは内耳や神経や脳を原因として聴覚が低下した状態のことで、突発性難聴、メニエール病、低音障害型感音難聴、騒音性難聴、加齢による難聴、遺伝性難聴などが様々な疾患があります。これらは耳鳴りやめまいを伴うこともあります。

突発性難聴

 ある時、突然に耳が聞こえなくなる疾患です(通常片側)。突発性難聴の原因はまだわかっておらず、急激に発症し原因不明のものを突発性難聴と呼んでいます。

症状  突然に耳が聞こえなくなる(高度の難聴)と同時に、耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気を生じることもあります。
検査  純音聴力検査が必要です。場合により、精密な聴力検査や平衡機能検査が必要なこともあります。
治療  突発性難聴については、いろいろな治療法が検討されていますが、どのような治療法が最も有効なのかは明らかにされていません。厚生労働省の研究班で、突発性難聴に対するさまざまな薬剤(ステロイド・ATP製剤・血管拡張剤など)の有効性が調査されましたが、どの薬剤が有効かの結論は出ませんでした。したがって現時点では、発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断し、治療法を決定していきます。
低音障害型感音難聴

 突発性難聴のように低音域(低い音)の難聴が突然発症する病気です。比較的若い方に発症するのと、難聴が反復するのが特徴的です。治療は突発性難聴に準じて行われますが、浸透圧利尿剤を使うこともあります。心理的ストレスとの関連も指摘されています。

メニエール病

 メニエール病は、めまいとともに難聴を引き起こす病気ですが、下記のような特徴的な症状を呈します。めまいの発作時に片側の耳鳴り、耳閉感、難聴が一緒に起こり、めまいが消える頃にはそれらの症状も軽快、消失します。
 この病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が残ることがあります。発作の無い時は、無症状となります。
  内耳の内リンパ水腫という、内耳の内リンパ液圧の上昇した事が原因とされています。稀ながら、両側にメニエール病が発症することもあります。  

騒音性難聴

 騒音下での職業など、長期間騒音に曝されているうちに、徐々に進行する難聴を騒音性難聴と言います。爆発音やロックコンサートの演奏など、強大な音のために、急性に起こる難聴は“音響外傷”です。  

症状  多くの場合、難聴に加えて耳鳴りを伴います。
検査  難聴の程度を調べるために純音聴力検査が必要となります。病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的なC5dipと呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。また騒音下作業の職歴の有無が、騒音性難聴の診断には極めて有用です。
治療  長期間にわたる音響被ばくによって生じた騒音性難聴では、ダメージを受けた有毛細胞を元に戻すことは、現在の医療では不可能です。将来に向けて難聴の進行を抑えるには、遮音性の耳栓を使用する、長時間の音響被ばくを避けるなどが大切です。また、定期的に聴力検査を受けて難聴が進行していないかどうかを確認することも必要です。
加齢による難聴

 30から40歳代頃から徐々に難聴が出現してきます。高い音から難聴から出現してくるのが一般的です。現在、有効な治療方法は発見されておりません。
 70歳代頃より日常会話が困難になり補聴器が必要となる方もいます。当院では補聴器の試用・フィッティングなどを行っておりますので、まずはご相談下さい。  

遺伝性難聴

 20歳代と比較的若年で発症する難聴です。最近では遺伝子検査で、原因となる遺伝子を発見することも出来るようになっております。有効な治療方針はまだ発見されておらず、補聴器、場合によっては人口内耳で対応します。  

こんな症状はご相談ください

  • 耳が痛い
  • 耳が痒い
  • 耳だれが出る
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳垢が溜まっている
  • 耳の聞こえが悪い
  • 耳鳴りがする
  • めまいがする など