のどの病気

のどの病気について

 のどは食べ物を食道や胃に送り込む役割と、肺に空気を届け、また言葉を発する役割を担っています。また、口から入ってきた細菌やウイルスの侵入も防いでいます。どの働きも、とても大切です。
 のどの痛み、咳や痰、のどの異物感、声がかすれる、のどのつまり感・違和感、呼吸がぜいぜいするなどの症状が現れましたら、ご相談ください。ここでは、代表的なのどの病気についてご説明いたします。

急性扁桃炎

 扁桃炎とは口蓋垂(こうがいすい:のどちんこ)の左右に一個ずつある口蓋扁桃に、ウイルスや細菌による炎症が起こる病気です。

症状  風邪のような症状(高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛)と強い咽頭痛が現れます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。
検査  症状を把握し、扁桃の状態を観察します。血液検査では、白血球の増加や炎症の程度をみるCRP(C反応性たんぱく:炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するたんぱく質)などをチェックします。適切な抗生剤を投与するために、扁桃の細菌培養検査を行うこともあります。
治療  ウイルス性の扁桃腺炎の場合は、風邪をひいた時と同様の治療を行うことが一般的です。解熱剤を服用し、積極的にうがいをし、安静にすることで、通常は1週間程度で治ります。
 細菌性の扁桃腺炎の場合には、抗生剤の投与が一般的な治療で、症状をやわらげるために解熱剤や消炎鎮痛薬、うがい薬などを処方します。扁桃の脇に膿が溜まってしまう、扁桃周囲膿瘍となった場合には切開して膿を出す処置が必要です。また扁桃炎が反復する場合には予防のために口蓋扁桃摘出術を行う事もあります。

急性喉頭蓋炎

 一般的には急性扁桃炎に続発しておこる事が多いのですが、喉頭の上にある蓋のような部分(喉頭蓋)が感染による炎症によって腫れてしまった状態です。この腫れがひどくなると呼吸が出来ず窒息してしまうので、一刻も早く、気管切開や気管挿管などの救急処置が必要となります。

喉頭癌・声帯ポリープ・声帯結節

 声の異常やのどの違和感が数ヶ月続いたり、徐々に進行する場合には原因を特定するために耳鼻咽喉科医にご相談ください。
 声帯ポリープや声帯結節などの良性腫瘍や喉頭癌・下咽頭癌などの悪性腫瘍などが関連している場合もあります。特に喫煙の習慣がある方や声を出すお仕事の方は注意が必要です。
 検査では喉頭ファイバーや声帯の動きをみる喉頭ストロボ検査などを行います。
 当院では治療を行う事が出来ませんので、悪性腫瘍や喉の手術を専門としている施設へ紹介させて頂きます。

口腔乾燥症(口の乾き)

 唾液の分泌が低下して口が異常に乾いた状態のことを言い、“ドライマウス”とも呼ばれます。

症状  軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリ感が生じ、虫歯が発生し、歯垢を増加させ、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量が低下し、口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては、不眠をきたすこともあります。
検査  問診、唾液量の確認。血液検査を加えることもあります。
治療  治療としては、生活指導や対症療法が中心となります。保湿性薬剤、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、夜間の乾燥を防ぐ保湿用マウスピース、夜間義歯などを症状に応じて処方、投与します。積極的に水分を補給するように心がけるのも、有効です。

こんな症状はご相談ください

  • のどが痛む
  • のどに違和感を覚える
  • のどの腫れ
  • のどにつまり感・違和感がある
  • 口が乾く
  • 口臭がある
  • 咳が出る
  • 呼吸がぜいぜいする
  • 声がかすれる
  • いびき、睡眠時の無呼吸がある など